MENU タップでメニューを表示

Web標準とは何か ~ W3C準拠

Web標準とはW3Cという団体が勧告しているWeb関連の規格のことです。インターネットエクスプローラーをはじめとするブラウザはこの規格に基づいて設計されており、このW3Cの勧告に準拠したウェブサイトを制作することは大変重要なことです。

しかしながら、ほんの数年前に作成されたホームページのほとんどはW3C勧告を意識せずに作成されてきました。当時のブラウザもまた意識されていませんでした。また、レイアウトもテーブルレイアウトが主流で、W3C勧告に準拠していなくてもそれなりに表示されていました。

現在、多くのブラウザがW3C勧告に準拠した仕様となってきており、またパソコンだけではなく各種タブレット端末、スマートフォンへの対応を考慮に入れるとW3C勧告に準拠したホームページを作成する必要性は高まってきています。

Web標準化のメリット

Web標準、W3C勧告と難しい言い方をするよりも、わかりやすく言えば、ホームページを作成するためのHTMLにも文法があるということです。日本語や英語に文法があるのと同じです。正しい文法でHTMLを記述すること、文書の構造が適切であることがW3C勧告に準拠することにつながります。

つまり、「正しい日本語を使いましょう」と言っているのと同じようなものということです。正しい文法、わかりやすい文書構造であることで以下のようなメリットがあると考えられます。

検索エンジン最適化・SEOに強い。
検索エンジン自体がW3C勧告を意識しているため当然のことです。またデザインと分けることで文書構造が簡潔になり結果として検索エンジン最適化、そして検索エンジンでの上位表示につながります。
運営作業の簡素化できる。
デザインの変更はCSSで文書の変更はHTMLでと作業を分けることが出来ます。そのことはウェブサイトの運営作業を簡素化します。リニューアルを行う際にもデザインの変更を行うだけであればHTMLの変更が少なくなりコスト削減につながります。
アクセシビリティーの向上につながる。
アクセスのしやすさ、つまりパソコンのブラウザの種類に左右されず、その他タブレット端末、スマートフォン、視覚障がい者の方が使用する音声ブラウザへの対応が容易になります。
サーバー・ユーザーの負担軽減
Web標準ではHTMLにはデザインに関する記述が無いためファイルサイズを大幅に軽量化できます。また、CSSのデザインはブラウザにキャッシュされますのでより高速に表示されます。

Web標準を意識したホームページ制作

ウェブデザインオフィスクロスロードではW3C勧告に準拠したホームページを制作しています。「Web標準」であることは、ホームページの構造をシンプルにすることが出来、結果として更新作業などのランニングコストの軽減につながります。ですから、中小企業、個人事業主のホームページには必要最低限なことと考えています。

ウェブデザインオフィスクロスロードのホームページ制作

中小企業・個人事業主様のためのサイト制作

中小企業・個人事業主様のためのサイト制作

中小企業経営者の皆さん、個人事業主の皆さん、あなたはホームページに何を期待しますか?その目的を達成するためには…

続きを読む

効果のあるウェブサイト作成

効果のあるウェブサイト作成

検索しているユーザーは何を求めているかを見極めよう。ユーザーがインターネットの検索サイトを使って何かを検索するのはどのようなときでしょうか?

続きを読む

ホームページで何を伝えるか

ホームページで何を伝えるか

インターネットで何かを検索するのは、何か困ったこと、不自由なことがあり、それを解決するためにどうしたらよいのか?を検索します。

続きを読む

ホームページ制作料金

ホームページ制作料金

ホームページの制作料金表です。詳細な価格についてはサイトの内容についてヒアリング後、お見積もりいたします。

続きを読む

ホームページ制作ポリシー

ホームページ制作ポリシー

当オフィスでは多くの中小企業経営者、個人事業主の方に比較的低価格で高品質のホームページを持っていただきたいと考えています。

続きを読む

ホームページの公開までの流れ

ホームページの公開までの流れ

ホームページ制作の流れはそのクライアント様によって多少異なります。また、新規制作、リニューアルか等、おおむね以下のような流れになります。

続きを読む