MENU タップでメニューを表示

SEO(検索エンジン最適化)ってどんなことをするのだろう?

SEOというとなんだか難しそうに聞こえます。知識のない人は「なんだかすごいプログラムでも動かすのか?」と、思ったりするかもしれません。もちろんホームページを作成したことの無い人、HTMLやCSSの知識のない人にとっては理解不能なことだと思います。

しかしながら、SEOはホームページを作成するという作業の中においては実は当たり前のことなのです。繰り返しになりますが、ホームページを作成するためのHTMLには文法があります。ホームページをデザインするためのCSS(スタイルシート)にも記述のルールがあります。

残念なことですが、ホームページ制作業者の中にはこの当たり前のことに無関心、無頓着な業者もあります。見た目のみを重視する会社や営業ばかりに力を入れて実際の制作にあまり力を入れていない業者があります。また、SEO料金として別に費用を請求する会社もあります。何か「特別なこと」をするのであれば費用を請求してもよいと思いますが、当たり前のことをして追加の費用を請求するのはおかしなことです。

ウェブデザインオフィスクロスロードではこの当たり前のことに誠実に取り組んでいます。もちろん別に費用を請求することはありません。

SEOが意識される前のホームページ

それではSEOを意識するようになる前のホームページは文法は間違っていたのでしょうか?実は多くのホームページが文法を意識しないで作成されていました。見た目、デザイン重視でした。検索エンジンはYahoo!のサイト検索が主流だった時代です。

それは、Yahoo!の検索エンジンではホームページオーナーの登録によってサイトを分類し検索結果に反映されていたからです。ですからHTML文法は関係ありませんでした。ちゃんと見られればよかったのです。しかもその当時主流だったブラウザはインターネットエクスプローラーでした。その頃のインターネットエクスプローラーはHTML文法はあまり意識していませんでした。

ところが、Googleの台頭により検索エンジンはロボットが主流になりました。検索ロボットはインターネット上をリンクを辿って巡回し、そのページに書かれていることを分析し検索結果に反映させます。この検索ロボットはそのページに書かれている情報をHTML文法に沿って解釈しています。ですから、そのロボットに如何に正確にそのホームページの内容を読ませるかが重要になってきました。そこで基準となるHTMLの文法の重要性が意識されるようになってきたのです。

ソフトウェアで作成するホームページのHTML文法

ホームページを作成する場合、多くの人がソフトウェアを使用します。一般的なソフトウェアは見た目をレイアウトしながらホームページを作成して、ソフトウェアが自動的にHTMLを書き出します。

残念ながらソフトウェアの書き出すHTMLは文法上正確ではないことがあります。特に初心者にも扱いやすいといわれる某ソフトウェアの書き出すHTMLの文法は間違いが多いです。その結果、ブラウザや環境の違いによっては正確に表示されないことがよくあります。

驚くことに、ホームページ制作業者と言われるところでもそのようなソフトウェアを使っているところがあります。そのような会社の制作したホームページはたとえ見た目がキレイでカッコよくても、ただそれだけです。検索エンジン上位表示には何の役にも立ちません。そして現在ある多くのホームページが文法上の誤りがあります。SEOで大切なことはまず正確なHTMLでホームページを作成することです。

ウェブデザインオフィスクロスロードでは正確なHTML文法、適切な文書構造を常に考えながらホームページの制作を行っています。