MENU タップでメニューを表示

検索エンジンスパム-不適切なSEO

SEO(検索エンジン最適化)は適切なものであれば効果もあります。また検索エンジンユーザーにとっても自分が探している情報を素早く見つけることが出来、ありがたいものです。しかしながら現実には適切ではないSEO(検索エンジン最適化)を行っているホームページも数多く見られます。それらは検索エンジンスパムと呼ばれ、一時的に検索結果の上位に表示されたとしても、徐々に順位が下がり、最悪の場合検索結果から削除されてしまいます。

それはホームページオーナーにとって最も望まない結果でしょう。しかしながらその検索エンジンスパムを平気で行うSEO業者がいます。また、ギリギリのところを行うSEO業者もあり、今はスパム行為ではなくてももしかすると将来スパム行為として判断されるかもしれません。SEO業者がどんなことをするのか?それは検索エンジンスパムではないのか?それを見極めることが重要です。

Googleなどの検索エンジンでは検索結果の表示順位についての方法は一切公開されておりません。Googleの場合ガイドラインとしてホームページを制作する上で検索エンジンに正しくそのページを認識してもらう為の指針を示しています。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ウェブデザインオフィスクロスロードでは上記ガイドラインに基づきお客様のホームページ制作を行っています。このガイドラインに沿って、検索エンジンユーザーの求める情報をコンテンツとするウェブページを作成することで結果的に検索エンジンでの上位表示につながります。

何が検索エンジンスパムなのか?

スパムといわれる手法はたくさんあり、グレーゾーンの手法も入れてしまうとその判断にも難しい部分があります。しかし、以下のことは決して行ってはいけない方法です。

  • 必要もなく転送するページ。
  • 内容のまったく同じページがいくつもある。
  • ブラウザで見ることの出来ないテキストがある。
  • 不自然、必要以上の相互リンク
  • ページの内容と関係のないキーワードが多い。
  • 目に見えないほど異常に小さな文字。

検索エンジンスパムを行う業者に気をつけよう

SEO専門業者には上位表示を保障する会社もあります。しかし実際にどのような手法を行い、それが検索エンジンスパムに当たらないかどうかをしっかり見極める必要があります。

要注意なのはあなたのホームページを見てもいないのに「上位に」なんていう会社や、そのSEO会社のホームページ自体、検索エンジンで検索してもヒットしない会社です。スパム行為は一次的に上位に表示されることはあっても長い目で見れば何のメリットもありません。

場合によっては検索結果から削除されてしまうことになります。