不動産販売会社のサイトをWordPressで構築

2014年6月19日

不動産販売会社のサイト

主に住宅用不動産を販売する会社のホームページをワードプレス仕様にしました。

これまではブログの部分のみワードプレスを使われておられましたが、ワードプレスそのものの使い方に慣れてこられたのでステップアップしてサイト全体を管理できるようにしました。

ただやはり物件のテーブル組みや、お値下げ情報、販売済み情報など細かい管理は大変です。そこでカスタムフィールドを活用して管理画面では「住所」や「面積」「交通」「用途地域」など全ての項目をフォームで入力できるようにしました。

お値下げ情報や、写真の追加、販売済みの情報もチェックを入れたりドロップダウンで選択できるように設計しHTMLでのテーブル組みは一切なくしました。

もちろんレスポンシブデザイン

レスポンシブデザイン・パソコン表示
レスポンシブデザイン・タブレット表示
レスポンシブデザイン・スマートフォン表示

これまでのサイトもスマートフォン対応でしたので今回ももちろんレスポンシブデザインです。

今回は電話やメールのボタンを上部に常に表示させグローバルナビの部分も画面の「MENU」をタップすると開くようにしました。

これまで、物件の更新作業は全て当オフィスで行なってきましたが、これからはクライアント様側でも出来そうです。今後はサイトをさらにパワーアップできるように様々なコンテンツを増やしていくことに時間も費用もかけていく事ができそうです。

ウェブデザイン・クロスロードへの電話相談
ウェブデザイン・クロスロードへのお見積り依頼
ウェブデザイン・クロスロードへのメールでのお問い合わせ