Googleが検索結果をもっとモバイルフレンドリーにと発表

2015年2月28日

Googleのウェブマスター向けブログによると、4月21日よりウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めるそうだ。

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。
参照→http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/

昨年からGoogleではウェブサイト運営者にモバイル対応にすることを促してきました。モバイル端末からの検索ユーザーが増えてきていることから検索結果においても「スマホ対応」の表示をさせることも行っています。(詳しくは「スマホでGoogle検索するとスマホ対応サイトかどうかわかるようになった」)

そして今回ついに検索結果にも影響を与えるようにするというアナウンスです。モバイル検索対象ですので、「うちはモバイルユーザーは相手にしていないから関係ない!!」というウェブサイトオーナーには関係ないかもしれません。

スマホで検索
しかし、現在のスマートフォンやタブレット端末でのユーザー数を考慮に入れると無視はできません。

そもそも何故4月21日なのか?

おそらく、Googleが「かなり力を入れてやる」という意思の表れであり、ウェブマスターには「それまでに準備なり対応しておけ」というアナウンスも込めてのことなのだと思われます。

ウェブマスター向けブログにも「Google の検索結果に大きな変化をもたらします」といつになく強い表現で述べていることから必要な準備をしっかり進めておく必要がありそうです。

ウェブデザイン・クロスロードへの電話相談
ウェブデザイン・クロスロードへのお見積り依頼
ウェブデザイン・クロスロードへのメールでのお問い合わせ