Googleアナリティクス(アクセス解析)で自分のアクセスを除外したい

2015年1月27日

201501272ホームページを運営している方でGoogleアナリティクスでアクセス解析をされている方も多いことでしょう。中小企業や個人事業主のサイトでは一日のアクセスそれほど膨大になることはありません。その場合、ブログを更新したり、内容をチェックするために自分がホームページにアクセスしたことが解析のデータに反映されることは避けたいものです。

そんなとき、自分のアクセスだけはGoogleアナリティクスに解析されないようにします。この方法は他のサイトでも詳しく説明しているところがありますので簡単に。

1.Cookie(クッキー)で除外する

どんなブラウザでもどんな端末でも設定が可能ですが、Cookieを記録させるためのHTMLページが必要だったりと設定が面倒なのとCookieを削除してしまったら、再度Cookieを記録させなくちゃいけない。ただ、動的IPでも除外可能なのでその部分はメリットです。

2.IPで除外する

これは固定IPをもっているようなある程度の規模の会社、組織の場合には有効でしょう。しかし中小企業や個人事業主の場合はプロバイダー等から割り当てられる動的IPの場合が多いのでこの方法ではうまくいきません。スマートフォン等の携帯電話からのアクセスも除外できません。

3.Googleアナリティクス オプトアウト アドオンを使う

Googleから提供されているアドオン(拡張機能)を使うことで除外します。
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja
複数のブラウザやパソコンを使っていた場合はそれぞれでアドオンをインストールする必要がありますが、一度インストールしてしまえば良いのでお気軽です。スマートフォン等にはインストールできませんが、お気軽に導入できるのでおすすめです。

私のパソコンもこれで除外しています。

スマートフォンやiPadのときはどうする?

私はあんまり自分のサイトにスマートフォンではアクセスしないので気にもしませんが、いちおう除外するためにこんな風にしてます。Wordpressのサイトのみですが…

ログイン後だと反映されない

<?php if($user_ID): ?>
<?php else: ?>
ここにトラッキングコード
<?php endif; ?>

これをヘッダー(header.php)に書いちゃいます。そうすると、ログイン中はトラッキングコードを読まず、ログアウトしているときのみ(普通の訪問者)トラッキングコードを読ませます。そのようにしておいて、スマートフォンやiPadからアクセスするときはまずWordpressのログイン画面にアクセスしログイン後サイトに入っていきます。

ただ、自分のサイトをスマホで見ることがあんまりない人は、こんなことする必要はないと思います。ブログやコンテンツの更新をスマホで行うことが多い方は参考にしてください。

もしみんながオプトアウトアドオンを使ったらどうなる?

「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」は自分のサイトだけではなく、ネット上にあるすべてのサイトのGoogleアナリティクスに対して有効です。もし、大小すべてのホームページの管理者がGoogleアナリティクスを使い、このアドオンを使ったら…さらに一般のユーザーでも「自分の閲覧データをGoogleに取得されたくない」という方が増えてきたとしたら…

Googleアナリティクスの解析結果にもそれなりに影響が出てくることもあるでしょう。

ウェブデザイン・クロスロードへの電話相談
ウェブデザイン・クロスロードへのお見積り依頼
ウェブデザイン・クロスロードへのメールでのお問い合わせ