スマートフォンからのアクセスがどの程度の割合かを把握

【投稿日】 

このサイトへのアクセスOS

この円グラフが何かお分かりいただけるでしょうか?

今、ご覧のこのサイトへのアクセスしている方のOSです。3分の1を超える方がスマートフォンやタブレットで訪れています。ではこちら…

アクセス端末のOS

半分を超える方がスマートフォンやタブレットです。BtoCのごく普通の会社&ショップのサイトです。(飲食・美容・クリニック関連ではありません)

Googleがモバイルフレンドリーをすすめるワケ

Googleが検索結果をもっとモバイルフレンドリーにと発表したのは多くのウェブサイトへのアクセスがスマートフォンやタブレット中心になってきた事を受けてのことなのでしょう。

スマートフォンで検索し、あるサイトに興味を持ったユーザーがそのサイトにアクセスしても「モバイルフレンドリー」ではないためサイトを見る事ができず、また検索に戻る。

検索サービスの利便性を追及するGoogleとしてはアクセスしても見づらいサイトは「見づらい」と表示させたり「検索結果順位を下げる」ことで検索エンジンユーザーの満足度を高めているのでしょう。

業種によってはもはやモバイルフレンドリーでなければやってけない

201503123
先日ある会社のホームページリニューアルの相談を受けました。Googleアナリティクス(アクセス解析)も設定されていましたのでアクセスされてきている端末を調べてみました。その方のPCで閲覧しましたのでスクリーンショットは撮っていませんが、数字ははっきり覚えています。

iOS 43%
Android 31%

残念ながら今のサイトはとてもキレイに出来ているとは思いますがスマートフォンでは見る事ができません。しかもトップページに大きなFlashが配置されています。当然のことながらアクセスユーザー数はそれなりにあっても多くのユーザーがそのまま戻っているようです。

ちなみにこの会社の業種もスマホでアクセスしそうな「飲食・美容・クリニック関連」ではありません。

ホームページ制作のヒントカテゴリの最新記事

BURTONのホームページの404エラーページ

オリジナルの404エラーページをいくつかまとめてみた

見る側を楽しませてくれる404エラーページ作成しているサイトをいくつかピックアップしてみました。

バラク・オバマ氏のサイトの404エラーページ

404エラーページ(Not Found)はオリジナルにしよう

ページが見つからないときの「404エラーページ」。オリジナルにしておけばサイトからの離脱の心配も減ります。

とにかく何でも「DIY」

これをするとたぶんホームページで失敗する(2)

ホームページは素人でも簡単に作ることが出来ます。インターネットでちょっと検索すればいくらでもそのようなサービスがあります。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインってどんなの?

スマホ対応のホームページが必要であることが言われるようになって久しいですが、まだまだ未対応のホームページが多いことに気付かされますね。

これをするとホームページで失敗する

これをするとたぶんホームページで失敗する(1)

ホームページはきちんとやれば成果は上がります。しかし私の経験上、こんな人は成果を上げられないことが多いです。

検索でヒットしなきゃ問い合わせはない

JimdoやWixについて検索してくる人が多いので

「Jimdo」「Wix」関連のキーワードでのアクセスが相変わらず多いので。

Wordpressが動かないんですヽ(TдT)ノ

ホームページ制作を自分でやるのか業者に任せるのかどちらがいい?

検索サイトで見つけてもらえるようなホームページを自分で作成するのはそれなりの時間と努力が必要です。

ホームページ制作・運営パック
ホームページ制作おすすめパック
格安WordPressパック
WordPressエントリーパック
WordPressスタンダードパック
WordPressビジネスパック
ウェブデザインオフィスクロスロードお急ぎ電話番号は080-7023-9643お問い合わせ電話番号は0532-39-6413メール相談

ホームページ制作&運営パック

ホームページ制作プラン

クロスロードのホームページ制作

クロスロードについて

コラム

ウェブデザインオフィスクロスロード