企業サイトなら無料のサービスを使うときには気をつけよう

2015年3月2日

今でもこのサイトにアクセスしてくるキーワードに、昨年終了したブログサービスについてのものがチラホラ見受けられます。

ちょっと検索した限りでは昨年から今年にかけてこのようなサービスが終了します。または、しました。

OCNブログ人のサービス終了

OCNブログ人のサービス終了
昨年最も大きなブログサービス終了のニュースかな?

GAL'sPOPブログサービス終了

GAL'sPOPブログサービス終了
マナー違反のユーザーが多く、管理が大変だから終了するそうです。

「W+BLOG」(ダブリューブログ)提供を終了

「W+BLOG」(ダブリューブログ)は、2015年7月31日をもって提供を終了

『LOVELOG』サービス提供の終了

『LOVELOG』サービス提供の終了

『なんと-e.com』サービス終了

『なんと-e.com』サービス終了
地域ポータルサイトも撤退するところがあります。

昨年終了したブログで困った人が別のブログに移り「勝手にやめるんじゃない!!」とか「利用者を軽視している!!」「データの移行はそっちでやるのが普通じゃね?」のような記事を投稿しておられるのを見かけますが、無料または格安のサービスはいつ終了してもおかしくありません。いくら怒ってもそういうものです。

最近ではSNS等の活用が進み、中途半端なブログ投稿ならやらないほうがマシ。検索エンジンにも出てこないようなら労力の無駄。みたいな雰囲気もあるようです。

それもまた極論のような気もしますが…

無料のサービスはいつ終了しても文句は言えない

インターネット上には無料のサービスが色々とあります。これら無料のサービスは多くの場合広告料収入で運営されています。広告を出稿する側がこのサービスに広告を出しても効果が薄いと判断すれば、収入が減ってしまいます。

有名人を広告塔にしているようなブログサービスにしても、その有名人がSNSを情報発信ツールの主体としてしまえば、やはりユーザーが減り収入も減ってしまいます。

以前からこのサイトでも書いていますが、企業サイトでは無料のサービスを使うことは控えたほうがいいと考えます。

ウェブデザイン・クロスロードへの電話相談
ウェブデザイン・クロスロードへのお見積り依頼
ウェブデザイン・クロスロードへのメールでのお問い合わせ