ホームページと広告

2009年9月2日

ホームページをはじめて運営される方がよく想像しているのが、ホームページは広告のための手段だと言うこと。もちろんそのような側面もあります。しかしながら折り込みチラシのような即効性は望めません。

例えば個人の飲食店の経営者の方がお店をオープンするからと言ってホームページで宣伝してもそれほど効果のあるものではありません。やはり新聞の折り込みチラシだったり、フリーペーパーなどへの掲載の方がはるかに即効性も効果もあります。

ただ、そのような広告は継続性はありません。個人のお店であれば毎週のように折り込みチラシを入れることはコスト的に不可能でしょうし、フリーペーパーには毎週毎週新しいお店のオープン特集が組まれたりして目立たなくなっていきます。

ホームページの場合は継続性があります。適切に作成されたホームページであれば毎日それなりのアクセスは必ずあります。その中で新しいサービスや商品の紹介はもちろん。経営者の方の考え方、情熱なども伝えることができます。それは通常の広告ではできないことです。

ホームページと広告、上手に使い分けることが大切ですね。

ウェブデザイン・クロスロードへの電話相談
ウェブデザイン・クロスロードへのお見積り依頼
ウェブデザイン・クロスロードへのメールでのお問い合わせ