ホームページの失敗例(1)

【投稿日】 

ホームページを制作、公開したもののどうもうまく活用できていないということがよくあります。制作会社に依頼したのに、けっこうな費用をかけたのにうまくいかないのです。あるご相談者の方の経営する会社もその1つでした。2年近くホームページを公開しているのにほとんど問い合わせがない…

ざっとそのホームページを拝見すると、なかなかキレイにできています。さすがプロが作ったもの…と素人の方には思えるようなサイトです。しかし「これではなぁ…」と思えるような問題点が随所に見られました。

そもそもHTMLの文法にも大きな誤りがあちこちに見られます。SEOのことはまったくといっていいほど考えられていません。

ホームページの見た目は確かに大切です。きれいなサイトであることにこしたことはありません。しかしながらそれが全てではありません。新聞の折り込みチラシであれば「バーンと目立つように」すればよいでしょう。雑誌の広告もうまいコピーを考えればよいでしょう。

でもホームページはまず見てもらわなければ始まりません。チラシのように配ったり雑誌のように販売したりできません。作成したホームページをアピールするためのものが何もなければ何にも始まりません。

このご相談者の方のホームページはまさにそれでした。数十万の費用をかけて制作したホームページが、何の役にも立っていない。取引先に「カッコいいホームページですね。」とほめられるくらい。そんなことのために費用をかけたのではないのに…

ホームページ制作会社も様々です。全ての会社が品質のよいサイトを制作しているとは限りません。しかしながら素人の方がそれを見極めるのは至難の技です。それを見極められる人はきっと自分でホームページを制作できます。

1つの判断材料としてはHTMLの文法チェックです。依頼してみようかと考えているホームページ制作会社自体のホームページの文法をウェブ上の文法チェックサイトで確認してみるのです。チェックの結果あまりにも間違いの多い制作会社は避けた方がよいかもしれませんネ。見た目重視でいくならそれでもかまいませんけど…

ちなみにこの相談者の方のホームページ制作会社はどうだったかというと…会社がなくなっていました…

ホームページ制作のヒントカテゴリの最新記事

Adobe Flash Player

Flashコンテンツのあるウェブサイトは早めに対応しよう

以前はこぞってフルFlashのクールなウェブサイトを制作していましたが、今はどのブラウザでも残念な表示になってます。

BURTONのホームページの404エラーページ

オリジナルの404エラーページをいくつかまとめてみた

見る側を楽しませてくれる404エラーページ作成しているサイトをいくつかピックアップしてみました。

バラク・オバマ氏のサイトの404エラーページ

404エラーページ(Not Found)はオリジナルにしよう

ページが見つからないときの「404エラーページ」。オリジナルにしておけばサイトからの離脱の心配も減ります。

とにかく何でも「DIY」

これをするとたぶんホームページで失敗する(2)

ホームページは素人でも簡単に作ることが出来ます。インターネットでちょっと検索すればいくらでもそのようなサービスがあります。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインってどんなの?

スマホ対応のホームページが必要であることが言われるようになって久しいですが、まだまだ未対応のホームページが多いことに気付かされますね。

これをするとホームページで失敗する

これをするとたぶんホームページで失敗する(1)

ホームページはきちんとやれば成果は上がります。しかし私の経験上、こんな人は成果を上げられないことが多いです。

検索でヒットしなきゃ問い合わせはない

JimdoやWixについて検索してくる人が多いので

「Jimdo」「Wix」関連のキーワードでのアクセスが相変わらず多いので。

ホームページ制作・運営パック
ホームページ制作おすすめパック
WordPress格安パック
WordPressエントリーパック
WordPressスタンダードパック
WordPressビジネスパック
ウェブデザインオフィスクロスロードお急ぎ電話番号は080-7023-9643お問い合わせ電話番号は0532-39-6413メール相談

ホームページ制作&運営パック

ホームページ制作プラン

クロスロードのホームページ制作

クロスロードについて

コラム

ウェブデザインオフィスクロスロード