ホームページ上の「大中小」ボタンは必要か

【投稿日】 【最終更新日】2014年10月1日

愛知県のホームページちょくちょく見かけます。

愛知県のホームページにもあります。

「文字を大きくする」という小さい文字が…

数年前から自治体のサイトやちょっと大きい企業サイトで見かけるようになりました。クライアント様のサイトの中にも「大中小」ボタンを入れているサイトがあります。

視力が弱い人のためということなのでしょうけど、私はあまり意味が無いと思うのです。

現在のブラウザは文字サイズを変更できるし、ページ全体の表示の拡大も可能になっています。

視覚障がい者や視力の弱い方たちに配慮したホームページ、ウェブ・アクセシビリティに配慮したサイトの制作を依頼されることもありますが、「大中小」ボタンは希望されても最近は実装しない方向でお話しています。

障がいのある方に聞いても、使うことは無いという意見が多いのです。

視力のほとんど無い方はそもそも音声読み上げブラウザを利用するでしょうし、視力の弱い方は最初からブラウザの文字のサイズを大きくさせています。愛知県のサイトでもそうですが「文字を大きくする」を押しても画像の文字はそのままです。それ以前に「文字を大きくする」ボタンが小さくて探せません。

ウェブ・アクセシビリティに配慮したサイトで見本となるのが富士通のサイトです。

コンテンツやナビゲーションに不用な画像はほとんど使われていません。ブロックスキップを実装しグローバルナビゲーションをスキップさせることも出来るため音声読み上げブラウザを使っていてもストレスを感じないでしょう。

ウェブ・アクセシビリティについては以下のサイトで詳しく解説されています。

JIS X 8341-3:2010 解説

ホームページ制作のヒントカテゴリの最新記事

とにかく何でも「DIY」

これをするとたぶんホームページで失敗する(2)

ホームページは素人でも簡単に作ることが出来ます。インターネットでちょっと検索すればいくらでもそのようなサービスがあります。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインってどんなの?

スマホ対応のホームページが必要であることが言われるようになって久しいですが、まだまだ未対応のホームページが多いことに気付かされますね。

これをするとホームページで失敗する

これをするとたぶんホームページで失敗する(1)

ホームページはきちんとやれば成果は上がります。しかし私の経験上、こんな人は成果を上げられないことが多いです。

検索でヒットしなきゃ問い合わせはない

JimdoやWixについて検索してくる人が多いので

「Jimdo」「Wix」関連のキーワードでのアクセスが相変わらず多いので。

Wordpressが動かないんですヽ(TдT)ノ

ホームページ制作を自分でやるのか業者に任せるのかどちらがいい?

検索サイトで見つけてもらえるようなホームページを自分で作成するのはそれなりの時間と努力が必要です。

FacebookのLike Boxが廃止になりPage Pluginというのになるのだそうだ

Facebookの顔写真がずらっと並んだやつをウェブサイトに貼っている方、2015年6月23日には廃止になるようですよ。

モバイルフレンドリーじゃなくて困っている人が多いようです

モバイルフレンドリーじゃないからと慌てても仕方がない。これを機会にスマホ対応にじっくり取り組むのが賢明です。

ホームページ制作・運営パック
ホームページ制作おすすめパック
格安WordPressパック
WordPressエントリーパック
WordPressスタンダードパック
WordPressビジネスパック
ウェブデザインオフィスクロスロードお急ぎ電話番号は080-7023-9643お問い合わせ電話番号は0532-39-6413メール相談

ホームページ制作&運営パック

ホームページ制作プラン

クロスロードのホームページ制作

クロスロードについて

コラム

ウェブデザインオフィスクロスロード