ホームページを自分で作る

2011年5月17日

ホームページを制作会社に依頼すれば当然費用がかかります。これはどうしようもありません。でもホームページはその気になれば自分で作ることも可能です。そして多くの方が自分でホームページを作っています。

中小企業であればかなりの割合のサイトが、個人事業であればさらに多くの割合のサイトが、社内でもしくは経営者自身で作成されています。そのとき多くの方が利用しているのがホームページビルダーではないでしょうか。年間30万本以上売れているそうです。

価格も手ごろですしマニュアル本も豊富に販売されています。
ただ、W3C準拠とかSEOとかアクセシビリティを考慮したときには、やはりこのソフトウェアに頼るのではなく、HTMLとCSSを身につけることです。そう思ってHTMLを記述して作成したものを「ちょっとここをホームページビルダーで編集しよう」とすると、せっかく書いたHTMLが勝手に変更されたり…何てこともあったりします。

こう感じるくらいのレベルのHTMLやCSSの知識を身につけた方は、ホームページビルダーは使いづらいと感じるようになります。
私がはじめてホームページを作成したときはHTMLを直接書くことから始まりました。あるとき、何気なく購入したホームページビルダーは結局使うことはありませんでした。

私は使うことのなかったホームページビルダーですが、これだけ長い間、売れ続けているのですからきっとよいソフトなのでしょう。ただ、初心者向けであるとは思います。ワンランク上のサイトや、さらに効果を望むためのサイトを作成するにはちょっと使いづらいと私は感じています。

かといって…個人事業の方がDreamweaverで自分のホームページを作るっていうのはちょっと無理があるでしょうし…
中小企業や個人事業の方にとってのベターな選択はWordPressなどのCMSの導入というところではないでしょうか。

WordPressならテーマを変更することで企業サイトとして十分活用できます。このサイトもWordpressですし…

ウェブデザイン・クロスロードへの電話相談
ウェブデザイン・クロスロードへのお見積り依頼
ウェブデザイン・クロスロードへのメールでのお問い合わせ