アクセシビリティ

【投稿日】 

現在ご依頼の案件で以前作成したサイトを「JIS X 8341-3:2010」の指針に沿ったものにして欲しいとのご依頼があります。

もともと当オフィスで作成するサイトはW3C勧告に準拠しているためそれほど大きな変更はありませんが、音声ブラウザでの確認やコントラストチェック、文字をどんどん大きくしていってもレイアウトが崩れないか、そのときの行間は適切か?など結構細かな作業があり大変なのです。

理想は音声ブラウザでサイトを訪れていても何らストレスを感じない、ナビゲーション、コンテンツのスムーズな流れを構築することです。

で、困るのが漢字の読み方。普通の文章であれば良いですがちょっと特殊な漢字、というか人の名前であったり店の名前など少しひねった読み方をさせている場合などは要注意です。音声で聴いていると意味不明です。そのあたりをきちんとサポートしなくてはなりません。

という作業の中でアクセシビリティを重視していると言っているサイトの構築例を参考にさせていただくことがあります。

「ほう…こうすればスムーズな流れになるなぁ…」とか
「なるほど…こうしておくことは大切だなぁ…」などあらためて勉強になります。

でも、中には音声ブラウザで訪れてみると

「は?何ですか?何もわかりません…」

というサイトもあります。そのサイトがとある公益法人の「何とか」いうコンテストの優秀賞か何かに選ばれていて、さらに審査員のコメントでアクセシビリティに優れているだって…W3C勧告はまるっきり無視という感じですし、リンクボタンは画像が多くしかもaltがないので何のリンクかわかりません。

どういう判断したんだろ???

ホームページ制作のヒントカテゴリの最新記事

とにかく何でも「DIY」

これをするとたぶんホームページで失敗する(2)

ホームページは素人でも簡単に作ることが出来ます。インターネットでちょっと検索すればいくらでもそのようなサービスがあります。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインってどんなの?

スマホ対応のホームページが必要であることが言われるようになって久しいですが、まだまだ未対応のホームページが多いことに気付かされますね。

これをするとホームページで失敗する

これをするとたぶんホームページで失敗する(1)

ホームページはきちんとやれば成果は上がります。しかし私の経験上、こんな人は成果を上げられないことが多いです。

検索でヒットしなきゃ問い合わせはない

JimdoやWixについて検索してくる人が多いので

「Jimdo」「Wix」関連のキーワードでのアクセスが相変わらず多いので。

Wordpressが動かないんですヽ(TдT)ノ

ホームページ制作を自分でやるのか業者に任せるのかどちらがいい?

検索サイトで見つけてもらえるようなホームページを自分で作成するのはそれなりの時間と努力が必要です。

FacebookのLike Boxが廃止になりPage Pluginというのになるのだそうだ

Facebookの顔写真がずらっと並んだやつをウェブサイトに貼っている方、2015年6月23日には廃止になるようですよ。

モバイルフレンドリーじゃなくて困っている人が多いようです

モバイルフレンドリーじゃないからと慌てても仕方がない。これを機会にスマホ対応にじっくり取り組むのが賢明です。

ホームページ制作・運営パック
ホームページ制作おすすめパック
格安WordPressパック
WordPressエントリーパック
WordPressスタンダードパック
WordPressビジネスパック
ウェブデザインオフィスクロスロードお急ぎ電話番号は080-7023-9643お問い合わせ電話番号は0532-39-6413メール相談

ホームページ制作&運営パック

ホームページ制作プラン

クロスロードのホームページ制作

クロスロードについて

コラム

ウェブデザインオフィスクロスロード