Flashコンテンツのあるウェブサイトは早めに対応しよう

【投稿日】 

Adobe Flash Player
今年の7月のことですが、AdobeがFlash Playerの配布およびアップデートを2020年に終了することを発表しました。

1996年にMacromedeia Flashとして登場し、ホームページに動きのある画像を表示させるための技術として2000年初頭にはFlashでカッコよくホームページを見せることが流行しました。

しかし問題点もいくつかありました。その中でも大きな問題点が「セキュリティの脆弱性」。Macromediaから引き継いだAdobeも脆弱性が発見されるたびにセキュリティアップデートを繰り返してきましたがハッカーとのいたちごっことなっています。

くわえて、iPhoneのOSではFlashをサポートしないということもFlash衰退の要因となりました。

主要ブラウザでもすでにFlashコンテンツは表示されない

主要ブラウザでもすでにFlashコンテンツは表示されない
僕が普段使うブラウザは「FireFox」ですが、Flashコンテンツはこんな風に表示されます。

Flashコンテンツの部分を拡大してみましょう。

Flashコンテンツの部分
こんな風に残念感満載の表示となります。

で、「Adobe Flashを有効にします」をクリックするとこんな感じになります。

「Adobe Flashを有効にします」をクリックすると

他のブラウザでも同様にFlashコンテンツは表示されません。

Microsoft Edgeでの表示

Microsoft Edge

Google Chromeでの表示

Google Chromeでの表示

フルFlashサイトは大変なことに…

以前はこぞってフルFlashのウェブサイトを制作していましたが、その頃作ったFlashサイトは今はこんなふうに表示されるでしょう。

フルFlashサイト
もし、フルFlashでサイトを制作していたらこんなふうに表示されます。

これは何とかしないとサイト閉鎖っぽい感じです。

ホームページ制作のヒントカテゴリの最新記事

ヤプログ! サービス終了

先日の「Yahoo!ブログのサービス終了」に引き続き先月ヤプログ!もサービスを終了するという発表がありました。ここ数年次々と無料のブログサービスがサービスの提供を終了しています。私、個人的には現在まだサービスを続けている […]

Yahoo!ブログのサービス終了に思う

今年春に発表された「Yahoo!ブログサービス終了」のお知らせ。以前から当オフィスでは無料ブログを活用することについてのリスクについての記事を投稿してきましたが、今回は影響大きそうですね。 移行ツールの公開が先日されたよ […]

無料で企業やお店のホームページを運営するリスク

無料で企業やお店のホームページを運営するリスク

断言します。「無料で簡単に集客できるホームページができる方法」はありません!!

BURTONのホームページの404エラーページ

オリジナルの404エラーページをいくつかまとめてみた

見る側を楽しませてくれる404エラーページ作成しているサイトをいくつかピックアップしてみました。

バラク・オバマ氏のサイトの404エラーページ

404エラーページ(Not Found)はオリジナルにしよう

ページが見つからないときの「404エラーページ」。オリジナルにしておけばサイトからの離脱の心配も減ります。

とにかく何でも「DIY」

これをするとたぶんホームページで失敗する(2)

ホームページは素人でも簡単に作ることが出来ます。インターネットでちょっと検索すればいくらでもそのようなサービスがあります。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインってどんなの?

スマホ対応のホームページが必要であることが言われるようになって久しいですが、まだまだ未対応のホームページが多いことに気付かされますね。

ホームページ制作・運営パック
ホームページ制作おすすめパック
WordPress格安パック
WordPressエントリーパック
WordPressスタンダードパック
WordPressビジネスパック
愛知県豊橋市のホームページ制作 | クロスロードお急ぎ電話番号は080-7023-9643お問い合わせ電話番号は0532-74-5099メール相談

ホームページ制作&運営パック

ホームページ制作プラン

クロスロードのホームページ制作

クロスロードについて

コラム

ウェブデザインオフィスクロスロード