Flashコンテンツのあるウェブサイトは早めに対応しよう

【投稿日】 

Adobe Flash Player
今年の7月のことですが、AdobeがFlash Playerの配布およびアップデートを2020年に終了することを発表しました。

1996年にMacromedeia Flashとして登場し、ホームページに動きのある画像を表示させるための技術として2000年初頭にはFlashでカッコよくホームページを見せることが流行しました。

しかし問題点もいくつかありました。その中でも大きな問題点が「セキュリティの脆弱性」。Macromediaから引き継いだAdobeも脆弱性が発見されるたびにセキュリティアップデートを繰り返してきましたがハッカーとのいたちごっことなっています。

くわえて、iPhoneのOSではFlashをサポートしないということもFlash衰退の要因となりました。

主要ブラウザでもすでにFlashコンテンツは表示されない

主要ブラウザでもすでにFlashコンテンツは表示されない
僕が普段使うブラウザは「FireFox」ですが、Flashコンテンツはこんな風に表示されます。

Flashコンテンツの部分を拡大してみましょう。

Flashコンテンツの部分
こんな風に残念感満載の表示となります。

で、「Adobe Flashを有効にします」をクリックするとこんな感じになります。

「Adobe Flashを有効にします」をクリックすると

他のブラウザでも同様にFlashコンテンツは表示されません。

Microsoft Edgeでの表示

Microsoft Edge

Google Chromeでの表示

Google Chromeでの表示

フルFlashサイトは大変なことに…

以前はこぞってフルFlashのウェブサイトを制作していましたが、その頃作ったFlashサイトは今はこんなふうに表示されるでしょう。

フルFlashサイト
もし、フルFlashでサイトを制作していたらこんなふうに表示されます。

これは何とかしないとサイト閉鎖っぽい感じです。

ホームページ制作のヒントカテゴリの最新記事

BURTONのホームページの404エラーページ

オリジナルの404エラーページをいくつかまとめてみた

見る側を楽しませてくれる404エラーページ作成しているサイトをいくつかピックアップしてみました。

バラク・オバマ氏のサイトの404エラーページ

404エラーページ(Not Found)はオリジナルにしよう

ページが見つからないときの「404エラーページ」。オリジナルにしておけばサイトからの離脱の心配も減ります。

とにかく何でも「DIY」

これをするとたぶんホームページで失敗する(2)

ホームページは素人でも簡単に作ることが出来ます。インターネットでちょっと検索すればいくらでもそのようなサービスがあります。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインってどんなの?

スマホ対応のホームページが必要であることが言われるようになって久しいですが、まだまだ未対応のホームページが多いことに気付かされますね。

これをするとホームページで失敗する

これをするとたぶんホームページで失敗する(1)

ホームページはきちんとやれば成果は上がります。しかし私の経験上、こんな人は成果を上げられないことが多いです。

検索でヒットしなきゃ問い合わせはない

JimdoやWixについて検索してくる人が多いので

「Jimdo」「Wix」関連のキーワードでのアクセスが相変わらず多いので。

Wordpressが動かないんですヽ(TдT)ノ

ホームページ制作を自分でやるのか業者に任せるのかどちらがいい?

検索サイトで見つけてもらえるようなホームページを自分で作成するのはそれなりの時間と努力が必要です。

ホームページ制作・運営パック
ホームページ制作おすすめパック
WordPress格安パック
WordPressエントリーパック
WordPressスタンダードパック
WordPressビジネスパック
ウェブデザインオフィスクロスロードお急ぎ電話番号は080-7023-9643お問い合わせ電話番号は0532-39-6413メール相談

ホームページ制作&運営パック

ホームページ制作プラン

クロスロードのホームページ制作

クロスロードについて

コラム

ウェブデザインオフィスクロスロード